ランキング

よく読まれている記事です。
ICT法面工のヒントが詰まっています。

  1. 週間ランキング
  2. 月間ランキング
  3. 年間ランキング
  4. 累計ランキング
2
  • 出来形管理

3次元点群データ上での法枠工の出来形管理例

3次元計測で法枠工の出来形計測に必要な要求計測精度を満たすことができたら、点群データ上で出来形を管理することができます。本例は、TREND POINTを使用した例です。出来形計測では写真も整理する必要があります。点群の全景で計測ヵ所を示して、寸法値が見える近景まで近寄るまでの各段階でスクリーンショ

4
  • UAV

UAV写真測量用の対空標識について

国土交通省国土地理院(平成 29 年 3 月改正)『UAV を用いた公共測量マニュアル(案)』を参照すると、UAV写真測量を行う際は、計測対象範囲に対空標識を設置する必要があります。対空標識とは、同マニュアル第2編「数値地形図作成」の第3章「標定点の設置」の要旨(本文6ページ)にあるように、UAV

5
  • 出来形管理

法面工事におけるICT活用のメリット

法面工事ではICTを活用しても施工性や生産性が格段に向上しません。土工とは異なり、ICT建設機械などで施工できないからです。法面整形工だけは例外ではありますが、ICT建設機械で法面整形ができて面管理できる法面は、稀なケースです。法面工事におけるICT活用のメリットは、施工性の向上よりも安全

6
  • ICT実施要領

法枠工における出来形計測方法

ICT法面工において法枠工の出来形管理方法を国交省の3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)より抜粋して紹介します。法枠工においては、法長や延長に加えて、桁中心間隔と桁幅・桁高を計測することが認められていいます。3次元点群データで法枠のエッジをはっきりだすのは難易度が高く、要求計

7
  • ICT実施要領

出来形管理における3次元測量の要求計測精度

UAVやTLSによる3次元測量を行った後は、まずはその計測精度が出来形管理のための要求計測精度を満たしているか検証します。通常のTS測量でも計測誤差を検証してからその基準点を施工に使いますが、それと同じことを3次元計測データにも行います。施工者ももちろん、監督職員も検査職員も、そもそもその

9
  • UAV

レーザー測量と写真測量

ICT法面工に限らず、i-Constructionにおいて3次元の点群データを取得する必要があり、それは3次元計測(測量)によって取得します。3次元計測は主にレーザーで点群を取るか、写真測量で写真を点群に変換するかの2通りに分けられます。レーザー測量で最も代表的なものは、地上型レーザースキ

3
  • UAV

UAV写真測量用の対空標識について

国土交通省国土地理院(平成 29 年 3 月改正)『UAV を用いた公共測量マニュアル(案)』を参照すると、UAV写真測量を行う際は、計測対象範囲に対空標識を設置する必要があります。対空標識とは、同マニュアル第2編「数値地形図作成」の第3章「標定点の設置」の要旨(本文6ページ)にあるように、UAV

5
  • 出来形管理

3次元点群データ上での法枠工の出来形管理例

3次元計測で法枠工の出来形計測に必要な要求計測精度を満たすことができたら、点群データ上で出来形を管理することができます。本例は、TREND POINTを使用した例です。出来形計測では写真も整理する必要があります。点群の全景で計測ヵ所を示して、寸法値が見える近景まで近寄るまでの各段階でスクリーンショ

7
  • UAV

UgCS Mapperでオルソ画像(マップ)を作成する

UAV写真測量においてドローンを自動飛行させるためには、地図情報を用いてフライトアプリケーションで飛行ルートを作成します。平面的な工事の土工であれば大きく影響しないケースもありますが法面の工事では、現場が斜面で立体的なほか、樹木や障害物の干渉も多いので地図情報の高さと実際の高さ情報がずれていると、

8
  • ICT実施要領

法枠工における出来形計測方法

ICT法面工において法枠工の出来形管理方法を国交省の3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)より抜粋して紹介します。法枠工においては、法長や延長に加えて、桁中心間隔と桁幅・桁高を計測することが認められていいます。3次元点群データで法枠のエッジをはっきりだすのは難易度が高く、要求計

9
  • UAV

レーザー測量と写真測量

ICT法面工に限らず、i-Constructionにおいて3次元の点群データを取得する必要があり、それは3次元計測(測量)によって取得します。3次元計測は主にレーザーで点群を取るか、写真測量で写真を点群に変換するかの2通りに分けられます。レーザー測量で最も代表的なものは、地上型レーザースキ

10
  • UAV

UgCSでUAV自動飛行ルート作成

UgCS Mapperでオルソ画像を作成したら、UgCSで自動飛行ルートを作成していきます。UAV写真測量において、パイロット(操縦者)は現場でプロポを握ってその時々の現場条件に臨機応変に対応することが求められますが、自動飛行ルート(フライトプラン)は安全と計測精度のカギを握っています。U

2
  • ICT実施要領

法枠工における出来形計測方法

ICT法面工において法枠工の出来形管理方法を国交省の3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)より抜粋して紹介します。法枠工においては、法長や延長に加えて、桁中心間隔と桁幅・桁高を計測することが認められていいます。3次元点群データで法枠のエッジをはっきりだすのは難易度が高く、要求計

3
  • UAV

UAV写真測量用の対空標識について

国土交通省国土地理院(平成 29 年 3 月改正)『UAV を用いた公共測量マニュアル(案)』を参照すると、UAV写真測量を行う際は、計測対象範囲に対空標識を設置する必要があります。対空標識とは、同マニュアル第2編「数値地形図作成」の第3章「標定点の設置」の要旨(本文6ページ)にあるように、UAV

5
  • 出来形管理

3次元点群データ上での法枠工の出来形管理例

3次元計測で法枠工の出来形計測に必要な要求計測精度を満たすことができたら、点群データ上で出来形を管理することができます。本例は、TREND POINTを使用した例です。出来形計測では写真も整理する必要があります。点群の全景で計測ヵ所を示して、寸法値が見える近景まで近寄るまでの各段階でスクリーンショ

7
  • UAV

レーザー測量と写真測量

ICT法面工に限らず、i-Constructionにおいて3次元の点群データを取得する必要があり、それは3次元計測(測量)によって取得します。3次元計測は主にレーザーで点群を取るか、写真測量で写真を点群に変換するかの2通りに分けられます。レーザー測量で最も代表的なものは、地上型レーザースキ

10
  • ICT実施要領

出来形管理における3次元測量の要求計測精度

UAVやTLSによる3次元測量を行った後は、まずはその計測精度が出来形管理のための要求計測精度を満たしているか検証します。通常のTS測量でも計測誤差を検証してからその基準点を施工に使いますが、それと同じことを3次元計測データにも行います。施工者ももちろん、監督職員も検査職員も、そもそもその

2
  • ICT実施要領

法枠工における出来形計測方法

ICT法面工において法枠工の出来形管理方法を国交省の3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)より抜粋して紹介します。法枠工においては、法長や延長に加えて、桁中心間隔と桁幅・桁高を計測することが認められていいます。3次元点群データで法枠のエッジをはっきりだすのは難易度が高く、要求計

3
  • UAV

UAV写真測量用の対空標識について

国土交通省国土地理院(平成 29 年 3 月改正)『UAV を用いた公共測量マニュアル(案)』を参照すると、UAV写真測量を行う際は、計測対象範囲に対空標識を設置する必要があります。対空標識とは、同マニュアル第2編「数値地形図作成」の第3章「標定点の設置」の要旨(本文6ページ)にあるように、UAV

6
  • 出来形管理

3次元点群データ上での法枠工の出来形管理例

3次元計測で法枠工の出来形計測に必要な要求計測精度を満たすことができたら、点群データ上で出来形を管理することができます。本例は、TREND POINTを使用した例です。出来形計測では写真も整理する必要があります。点群の全景で計測ヵ所を示して、寸法値が見える近景まで近寄るまでの各段階でスクリーンショ

8
  • UAV

レーザー測量と写真測量

ICT法面工に限らず、i-Constructionにおいて3次元の点群データを取得する必要があり、それは3次元計測(測量)によって取得します。3次元計測は主にレーザーで点群を取るか、写真測量で写真を点群に変換するかの2通りに分けられます。レーザー測量で最も代表的なものは、地上型レーザースキ

9
  • UAV

UAV写真測量の計測精度検証

ICT法面工におけるUAV写真測量において、計測精度の検証に大きくかかわるのが写真撮影時のカメラセンサーの位置の正確さです。ドローンは、写真撮影時のカメラセンサーの位置を記録しますが、記録した位置は本来の位置とはわずかに異なります。その理由は、以下の通りです。ドローンは常に動きな